日本最大のバッグシェアリングサービス「ラクサス」 米国マンハッタンへ進出

カテゴリ:プレスリリース

2018年1月25日
報道関係者各位
 日本最大のバッグシェアリングサービス「ラクサス」を運営する、ラクサス・テクノロジーズ株式会社(本社:広島県広島市、代表取締役社長:児玉 昇司 以下「ラクサス」)は、米国マンハッタンで海外版バッグシェアリングサービス「Laxus」を展開することをお知らせいたします。
 昨今、盛り上がりを見せている「シェアリングエコノミー」。人々のライフスタイルが多様になり、『所有より共有する』『モノよりコト(体験)』という考え方が年々拡大しています。 ラクサスはバッグのシェアリングサービスを、「日本発!」で、ファッションの発信地である、米国マンハッタンで展開いたします。
 PwCの調査*によると、2013年に約150億ドルであったシェアリング・エコノミーの市場規模は、2025年には約3,350億ドルまで成長する見込みであると言われており、今後世界的に大幅な成長が見込める市場であることがわかります。
*出典:PwC UK Website 「The sharing economy – sizing the revenue opportunity」
 このたびの米国でのサービス展開により、ラクサスは日本のみならず、世界中の人々にオシャレをかっこよく楽しんでいただきたいという思いから、2018年中にロンドン・パリへのサービス拡大も予定しており、今後もグローバル規模でのサービス展開を進めてまいります。
■「Laxus」サービス概要
サービス開始時期:2018年7月(予定)
サービス価格:120米ドル / 月
初年度獲得ユーザー数見込:1,000ユーザー

会社名 ラクサス・テクノロジーズ株式会社
所在地 本社 広島市中区中町8-18 広島クリスタルプラザ14F
東京オフィス 東京都港区六本木 6-10-1 六本木ヒルズ森タワー19F
設立 2006年8月31日
資本金 16億 324万 110円(2017年4月13日現在)
事業内容 バッグシェアサービス「ラクサス」運営(https://laxus.co/
代表者 児玉昇司
URL https://corp.laxus.co/
<ラクサスについて>
「ラクサス」は、月額6,800円の定額で、23,000個(2018年1月時点)を超えるバッグを、無期限で利用できる新感覚のブランドバッグのシェアリングサービスです。「高すぎて買えない」「バッグを保管するスペースがない」というようなストレスから女性を解放するためにサービスを展開し、働く20~50代の女性を中心にご利用いただいています。 2017年1月には、家に眠っているブランドバッグをラクサスに送る事で、バッグ1個あたり年間最大24,000円のお小遣い稼ぎができる、世界初のCtoCバッグシェアリングサービス「ラクサスX」を開始いたしました。

■本件に関する報道関係者お問い合わせ
ラクサス・テクノロジーズ株式会社 広報担当:吉田
TEL:03-6447-4890 / 080-3808-7972
FAX 番号:03-6447-4893
E-MAIL:myoshida@laxus.co
営業時間 平日/9:00~18:30 土日祝/休み

無料アプリをダウンロード
まずはバッグの品揃えをチェック!

ラクサスをiPhoneにダウンロード ラクサスをAndroidにダウンロード